生理痛とダイエットとホルモンの関係

なぜ拒食症やダイエットで生理痛が起こったり、生理が止まるのか、簡単に説明しましょう。

女性の体にはさまざまなホルモンがあって、そのうち特定のホルモンが一か月ごとに増減を繰り返します。このホルモン量の変化が生理と深くかかわっています。

生理と関係するホルモンには、卵巣から出るエストロゲン、プロゲステロンというホルモンがあります。このふたつのホルモンが約一か月の周期でそれぞれ増えたり減ったりすることで、生埋が起こります。

続木和子の【14日間集中!生理痛・子宮内膜症改善 通信講座】

このふたつのホルモンの増減は、脳の視床下部から出る別のホルモンによって調節されています。つまり、視床下部は、生理のリズムを調節する指令塔というわけです。

ところがこの視床下部は、感情や精神的ストレスに深くかかわっている大脳皮質に大きく影響されます。

大脳皮質が何かストレスを感じていると、すぐに視床下部にもその影響が及び、視床下部の機能がおかしくなってしまうのです。ホルモンの指令塔である視床下部がおかしくなると、卵巣から出るホルモンもいつものリズムを崩してしまいます。こうして生理が遅れたり、止まったりしてしまうのです。

拒食症といった精神的ストレスがもとになっている病気にかかっている人は、大脳皮質が慢性的なストレスで疲れきっている状態です。

そうなると視床下部も満足に働くことができなくなり、それほど極端にやせていなくてもホルモンのリズムがくるって、生理が止まってしまうのです。

最近のブログ記事

2016年7月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31