口臭の原因となる主なにおい物質

誰もが経験したことがあるように、ニンニク・ニラ・タマネギなどのにおいの強い食品を食べたり、お酒を飲んだりした後に口から出る息は少しにおいます。

また、タバコを吸っている人の吐く息には、ニコチンやタールによる独特のにおいが感じられます。口臭は、これらの食品や嗜好品のにおいとは違う独特の不快臭です。

伊藤潤一式の口臭消滅プログラム

口臭の原因となる主なにおい物質は揮発性硫黄化合物(VSC)で、硫化水素、メチルメルカプタン、ジメチルサルファイド(硫化ジメチル)などがその代表です。

それぞれのガスには特有のにおいがあり、硫化水素は腐った卵のようなにおい、メチルメルカプタンは魚や野菜が腐ったようなにおい、ジメチルサルファイドは生ゴミのようなにおい、と表現されています。

どれも嫌なにおいですが、口臭はこれらのガスが混合したものなので、誰もが不快に思うのは当然です。

最近のブログ記事

2016年7月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31