トイプードルの飼い方・育て方・しつけ方でウイルスは大変な脅威

トイプードルの飼い方・育て方・しつけ方で、ウイルスは大変な脅威です。

トイプードルはウイルスのせいで体が白血球をつくれなくなると、敗血症になることがあります。

診断は、臨床徴候の総合的所見、病歴、および検査結果、とくにウイルスを同定するための検使、白血球減少を調べるための血球算定をもとに下されます。

パルボウイルスは、通常、感染したトイプードル犬の糞に直接触れたり、そうした糞が人間の靴や衣服に付着していたために伝染します。

パルボウイルスは非常に安定したウイルスであるため、何年間も環境中にいすわっていることがあります。

このウイルス疾患に直接効果のある抗生物質はありませんが、通常、二次感染を防ぐために抗生物質が投与されます。

治療法には、輸液、支持療法、絶食絶水も含まれます。

トイプードルの飼い方・育て方・しつけ方におけるパルボウイルスは、犬ジステンパーと同様、しばしば致命的となるこの感染症には、早期診断、早期治療が不可欠です。

犬の飼い方でウイルスは要注意です。
トイプードルしつけ方について勉強しておいてください。

最近のブログ記事

2016年7月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31