2014年8月アーカイブ

FX市場心理を動かし得るかどうか

マクロ経済学者には、経済はすべて客観的条件によって決まると信じて疑わない人たちが多く、FX市場が主観的な相互作用によって短期的だけでなく中長期的にも規定されるということを認めようとしません。それどころか、理論的に導き出したものを現実に当てはめようとします。

1990年代に何度も導入された減税政策なども、その典型的な例の一つでしょう。マクロ経済学者の理論からすれば、減税すれば可処分所得が増えるわけですから、個人消費はかなり伸びるはずです。

ところが実際には、消費者は将来のことが不安で、減税分の実質所得を消費しないケースが少なくありませんでした。

これなどは、理論的には効くはずの政策が、実際はまったく効果がなかった事例の最たるものでしょう。それでもなお多くのマクロ経済学者たちは、「理論的には効くはずなのだから」と平成14年・15年にも景気対策としての減税を勧めています。生身の経済よりも経済理論の体系性を愛する姿勢には、ただただ畏れ入るばかりです。

ここ数年の日本の経済政策は、そうした失敗を何度も繰り返してきました。理論は大切だし必要なものです。ですが政策が効果を侍つためには、理論的に正しいかどうかよりも、FX市場心理を動かし得るかどうかが評価の分かれ道になります。

同じ政策でも、状況によっては逆の効果を侍つことが起こり得ます。まずどういう政策ならFX市場に大きな影響を与え得るかを検討し、FX市場参加者の心理の琴線に触れるような政策を立案すること、それがいま政治家や政策担当者に求められている重要な課題だと思います。

よく「あの人は首尾一貫している」「信念を曲げない」という評価がホメ言葉として使われます。それに対して、情報の相互依存性とは結局「変節のすすめ」のように考える人がいるかもしれません。

しかし、そうではないのです。たんに自分の信念だけを後生大事に守り通すよりも、状況に応じて柔軟に対処していく、言い換えれば相互依存性をつねに射程に入れながら、なおかつ主体的に行動することのほうがはるかに難しいのではないかと私は考えています。


近頃は、FX会社が、プロの投資家でも使用できるようなかなり高度な能力を搭載済みの、相当ハイレベルなチャートツールを提供中。使い勝手についても良好で、投資家がトレンド分析する時における負担が軽くなります。

注目のシステムトレードと言われると、いったいどういうイメージがありますか?取引をするときに、望む取引実行のための条件を前もって準備して、、それに基づいて実行する投資テクニックのことをシステムトレードと定めています。

自分自身にとってピッタリのネット証券を見つけることは、難しい作業です。先に複数の譲ることができないと考えている項目を確実に比較検討しておけば、それぞれに最も適したネット証券を選びやすくなると思います。

自分自身の投資方法と相性のいいFX会社を上手に見つけていただくときには、ぜひできるだけ独特の特色をもったFX会社を視点を変えて3社程度キープし、そこで口座を持っていた方が、その後の売買で非常に重宝することは間違いないと思います。

ルールが非常にシンプルなバイナリーオプションは確かに初心者向けのトレードなんですが、他の投資のリスクヘッジにも利用できて、相場が動かないレンジ相場においても問題なく大きな稼ぎを狙うこともできる仕組みなんです。経験を積んだ中上級者にとっても、投資する価値がある投資商品がバイナリーオプションなのです。

取引の前に最初にバイナリーオプション業者を選択する際に、しばしば見逃してしまいがちなのがバイナリーオプション業者が提供する取引ツールのことなんです。優れた性能のツールを整備してくれているかそうでないかが、取引結果に作用するということはよく知られています。

たくさんのオリジナルの投資方法が存在するのは間違いないですが、前もってシステムトレードでトレードを実行するための決まりをきちんと確立しておけば、希望的観測であるとか原因のない不安感によるミスが多い予定外の取引を行わないようにできます。

いわゆるチャートパターンとは、FXや株式などのチャート分析における定型的な型と呼んでいるもので、例としては高値圏からの反転下落を起こす場合であるとか、保ち合いが続いている状況だったものが動き始めるときに、特徴のある規則性のパターンがチャートにきまって出現することなのです。教材やインジケータだったら、谷のFXゴールデンルール【FXの黄金律DVD】が良いと思います。

株取引をしようとしているのなら、支払わなければいけない手数料の安さを最重要視するのか、あるいは反対に手数料が高くなっても、他の会社にはない手厚いもてなしを最も大切に考えるのかなど、投資の前にきちんと決めておくことが大切なのです。

将来のための長期の投資をやるのに適しているFX会社や、短期トレードに最適なFX会社というような感じで、様々な特徴のFX会社があるのです。なるべく多くのFX会社の魅力的なシステムをしっかり比較してみて、FX取引のために口座開設を行ってみてはどうでしょうか。

初めてFXトレードにトライするという方は、最初にFX業者で新規に自分名義の口座の開設をしていただかなければなりません。PCさえあればいろいろなFX業者の比較サイトやランキングで確認できるのですが、初心者で自信がないである期間については、とにかくまずは著名な業者をセレクトした方が失敗がないでしょう。

始めて取引をするFX業者を比較する必要があれば、手数料だけじゃなくて、FX業者の損失への保証内容を正確に把握しておくこと、業者のサーバーに異常な負荷が掛かるようなことがあっても、安定した売買などの取引が継続可能なのか否かを見定めるということも忘れないでください。

いっぱいあるバイナリーオプション業者を比較検討する際の項目については、何点かあって、払い戻しの際のペイアウト倍率や通貨ペアの数など、バイナリーオプションのトレードの結果に相当に関係してくる点に焦点を置いていただくのは業者選びの秘訣です。