健康に妊娠する知恵の最近のブログ記事

不妊症治療は、原因によって場合によってはAIHが必要なケースはあります。それは次のような場合です。

1.精液量が少ないとき
精液量が1ml以下では、精液と顕管粘液との接触面が十分に確保できません。この場合は、排卵期前から男性ホルモン剤を使って精液量を増やす、不妊症治療を並行して受けるとなおよいでしょう。

2.性交障害
不妊症原因の男性ではインポテンツ、自然な性交では射精不可能なとき、尿道下裂、逆行性射精などの場合で、自慰や夢精では射精可能なとき、女性では、腔けいれんや膝入口の狭窄のときです。

病院で不妊治療するといくら費用がかかるか・・これは深刻な問題です。

不妊は心身ともに大変な病気です

普通の性交では妊娠の確率が低い場合、人工的に精液を子宮内に注入する治療法があります。

このとき注入される精液は遠心分離機にかけて優良な精子だけを選んでいます。

AIHという方法は、夫の精子を使う人工受精のことです。精液が100以下しかない場合や精子の数が非常に少ない場合、また、AFDは夫以外の提供者の精液を使う人工受精です。

これは「最後の手段」と呼ばれるほどで、夫が無精子症か重大な遺伝疾患がある場合にのみ行われます。

不妊症に悩むカップルには、外部者からはとても想像できないような深くて長い『葛藤」の歴史があります。

少なくともどちらか一方の妊娠機能が正常である場合「このパートナーでなければ子どもが生まれる」という思い込みにとらわれ、一度は離婚を考えたというケースが多いようなんです。

不妊の原因とは

診断のつきにくい疾患だからこそ、不妊検査の受診時には、次のようなことに気をつけてください。

1.セルフチェックで子宮内膜症が疑われたら、担当医にそれを話してください。
2.内診時に腔の奥に不快感や鈍痛があれば、これも医師に告げてください。
3.一般検査で、子宮卵管遺影法を行わないのは間違いです。通気検査だけでは、片側に障害がなければ、その側の卵管の機能の表現として正常型の曲線が見られます。

また、子宮卵管遺影検査はしても、数時間後または翌日のフォローアップの撮影をしない場合は、骨盤内の癒着や卵管内腔の異常が見逃されがちです。

また、造影剤を注入するのに、ビニール製のバルーンつきの注入用具を用いると、内性内膜症のサインがわからなくなります。